HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問

よくある質問の解説 

○○を支払ったのですが、事業経費として認められるのでしょうか?

事業で使っている限り事業経費です。
事業経費となるのかの判断は、当方では分かりません。自分自身(会社自身)が個人的費用と判断するものは含めないでください。

○○を支払ったのですが、勘定科目は何にすればよいのでしょうか?

税務上、問題となる勘定科目は交際費、寄付金ですのでそれに関わらないものであればたとえ勘定科目を間違えても、税務上損金になることには変わらないので気にしなくてもよろしいです。

修繕費(改良費)50万円支払ったのですが、修繕費として大丈夫ですか?

固定資産の価値を高める改良費であれば資産計上です。通常の維持、管理のものであれば修繕費としての損金でかまいません。金額からして、その区分が不明なものも修繕費としてかまいません。

会社業績が悪くなったので、役員給料を下げてもいいのでしょうか?

基本的に期中には下げられません。
役員給料は、定期同額給料となっていますので、その変更は次の定時株主総会で行われなければなりません。
業績悪化の状況次第では減額を認められる場合もありますが、通常、中小企業においては、課税庁で認めない場合の方が多いので、具体的な件は事前に相談した方がよろしいです。

会社業績が良くなったので、役員給料を上げてもいいでしょうか?

役員給料は、定期同額給料となっていますので、その変更は次の定時株主総会で行われなければなりません。


相続

時価1億円くらいありますが、相続税は掛りますか?

相続人の人数によって基礎控除額が異なります。相続財産が居住用の土地である場合は80%の減額がありますので相続税がかからないことの方が多いです。

木村博税理士事務所
所在地
東京都足立区梅島3-1-5相沢ビル302
最寄駅
東武伊勢崎線 梅島駅
定休日
土・日・祝日(あらかじめご連絡頂ければ土・日・祝日も対応させて頂きます)

お問い合わせ

新着情報

一覧を見る

2011/03/31

この度、ホームページを開設しました。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ